FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

生きてました。

お久しぶりです。
なんとか無事ステイ先に着きました。
到着15時間でW杯エクアドル戦の熱気にまみれるなど、すでにこちらの空気を満喫しております。

しかしまー、しょっぱなからトラブル続きで、
なんかもう面白いレベルだったので、出発から到着までの日記がやたらと長いです。


成田→オヘア(シカゴ)
オヘア→マイアミ
マイアミ→キト(エクアドル)
キト→ステイ先へ

日付変更線をまたいでの移動だったこともあり、
あまりにも長すぎるので、前半・後半に分けて残しておこうと思います(笑)。


▽成田→オヘア(シカゴ)
19日、11時10分。予定通りに出発。
飛び立つ前はすこしだけナーバスになったりもしたけど、飛び立ってからはそうでもありませんでした(笑)。

初めての海外。初めて一人で乗る飛行機。
初めてのことを経験するときって、ちょっと肌がぞくぞくして、
鳥が興奮したときに冠羽とか身体の羽根をぶわっとさせる感覚ってこんななのかなーと思ったりします。

JALの国際線はエコノミーでも充分座席の間広いし、
個々にタッチパネルの液晶ついてるし、CAさんたちは日本語通じるし、快適な空の旅でした。
でも、12時間のフライトは長かった…。映画2本観たけど、それでも長かった…。

唯一の救いは、雲の上からの景色と、飛行機の翼を眺めているのが面白かったこと。
窓の外は、昼になって、夕方になって、夜になって、また朝日が昇って……
12時間の間に24時間分の時間が過ぎていってました。不思議ー。

飛行機1 飛行機2

飛行機3 飛行機4

オヘア到着時間は、19日の9時30分。2度目の今日のスタートです。
体感としては、出発した11時から、プラス12時間挟んで、また9時30分から一日がスタート、という感じ。

「1日が36時間あったらなー」なんて普段考えることもあるけど、
いざ「11時間+12時間+14.5時間の超バリュープラン!」を体感すると、
「やっぱこんなにいらない…」と思うもんですね(´`)

さて、飛行機から降りてまず思ったことは、
「アメリカ人ばっかだ!(・□・)」ということ(当たり前)。

たぶん、私の英語力は現役中学生と勝負したら負けると思うのです。ところどころ単語は聞き取れても、会話の内容まではわからない。
そんな私でも…入国審査、荷物のピックアップ、税関をクリアし、もう一度荷物を預け直し…
意外となんとかなるもんですな(・v・)←


次のフライト予定時刻は13時30分。乗り継ぎまで4時間もあります…。
ひとまず到着ターミナルから出発ターミナルまで移動して、搭乗手続きだけしておくことに。

チェックインと、身体検査・手荷物検査のタイミングは別だろうと思っていたら、
オヘアではどちらも同時に済ませることができるんですねー。これにはビックリ。

そのまま搭乗フロアへ進むと、フードコートや雑貨屋さんがずらりと並んでいます。
なるほど道理で、搭乗手続き前のフロアに何もないわけだ! そして断然こっちのほうがスムーズ!
場合によっては一番手間取る検査、先に済ませてからのんびりするほうがいいもんなぁ。
羽田も成田もそうすればいいのにー、と思ったのでした。


▽オヘア→マイアミ
ぶらぶらしながら時間を潰し、搭乗口近くの待ち合いスペースへ。
しかし、出発30分前になっても搭乗が開始しません…。

どうやら乗り継ぎ便の到着が遅れているようで、
いつの間にか「30分遅れ」という表示になっていました。

まぁいいか、次の乗り継ぎ時間は2時間以上余裕あるし…と思ったら、
乗り継ぎ便が到着するのが搭乗時間の30分後だったらしく、
乗客降ろしたり清掃したりで、結局出発したのはさらに30分後という…。
この時点で1時間遅れ…んんん…まだ大丈夫かな?(^ω^;)


一抹の不安を覚えつつ乗り込んだオヘア→マイアミ便は、
よくよく考えてみたらアメリカの国内線なわけで。
空港よりもアメリカ人ばっか! アジア人全然いない!(笑)。

向こうの人たちがフレンドリーだからなのか、
「いやぁこの遅れには参るね」「ほんとにね」的な話(←多分)を、
恐らく初対面であろう隣の席や、トイレで席を立って目についた人に、やたらと話しかけてます。
むしろ、しゃべるために席を立ち始める人もいるくらい。
まるで修学旅行で他クラスのとこにちょっかい出しに行ってるようでした(´`)笑


さてそれでは……私もここで度胸試しです。
雑談に加わる自信はなかったので、男性CAさんに
「この後マイアミ経由でキトまで行くのですが、マイアミでのピックアップは必要ですか?」と、拙い英語で聞いてみました。
(同国内・同航空会社なら、荷物のピックアップはまず必要ないと聞いていたけれど、乗り継ぎ時間が減ったので念のため。)

結果……、

「何が言いたいのかよくわからん」と言われ、
結局Google翻訳先生の力を借りることにw サーセンww

横にいた女性CAさんが見かねて、
「必要ありません。次に荷物をピックアップするのはキトですよ」と教えてくれました。
はっはー。旅の恥はかき捨て!まぁ何事もチャレンジってことで、次がんばろー。
これで少し気持ちに余裕ができました。


しかーし。

その後、滑走路が開かないだかで、マイアミ上空をぐーるぐる。空港到着はさらに30分遅れとなりました。
2時間あったはずのマイアミ→キト便への乗り継ぎ時間は…

あと30分…!?(;´∀`;)


ほかにも乗り継ぎする人たちは結構いたようで、
周囲からは落胆と焦りの会話があちこちから聞こえてきます。
そしてあいにく、エコノミー席は機体の後方…。
前の人たちが出終わるまで10分はかかる…あと20分…!!

降りると同時に私もダッシュ!
乗り継ぎ便のフライト番号を見せて搭乗口がどこか聞くと、
なんとエリアが違うからモノレールで移動しないといけないとのこと…

この時点で、残り15分。
絶望的w 嫌な予感しかしないww
けど……ダメだったときのことはそのとき考えればいいや!
ということで、とにかく走ります。


モノレールでの移動に要した時間は10分。

あ と 5 分 w w

ここまでくると、若干他人事のように諦めてる自分がいて、半笑いしか出てこないw

それでも走る! とりあえず走る!
普段遅刻しそうなときでさえ、こんなに走ることないよ!!←


そして……



………なんと…




間 に 合 っ た ! ! ! !


汗だくで到着した私に、
搭乗口のCAさんたち嫌な顔一つせず背中を押してくれて、心底ほっとした瞬間でした…(´;ω;`)


もう二度と、こんな乗り継ぎはしたくないけどね!!


つづく。
スポンサーサイト
7:何事も経験

色々有るだろうけど、何事も経験。何とかなるさ🎵

2014.06.22 17:45 町田淳一 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。