FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ある夏の朝のこと、

まとわりつくような暑さでじんわり湿る
熱気に負けないカエルのお肌

上野公園の並木は
地下鉄の轟音に負けないくらいの大合唱
ヘッドホンから湧き出る唄と
耳に染み込む蝉の声

秋津飛び交う道中で
嘴太鴉の助言がポトリ
夕方には燕と蝙蝠が忙しいそうだ

プラタナスから朝露と木漏れ日のシャワー
ぱさついた髪にふりおちて
(エッセ○シャルのシャンプーはダメだな)


バクのバックヤードの裏側を抜けたら
見えない双眸ふたつには、見えないながらも挨拶を


お蔭さまで昨日もぐっすり眠れましたよ
おはよう、おはよう。


さぁ
今日をはじめよう。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。