FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

獏、現る

いつもの放飼場で、

私ははじめて、
「幻の生き物」に出会った。

獏03

*  *  *

上野動物園は、
今月11日(土)から16日(木)まで、ナイトZOO営業だ。

3時間、開園時間が延長している。
いつもが17時までだから、いまは20時まで。


今日は19時まで残業して、帰りがけにすこしだけブラジルバクを見ることができた。
(その後予定があったので、ゆっくりできなかったのが残念…)

道すがら、バク以外の動物を流し見ながら帰ったけれど。
見慣れたはずの動物や、普段さほど意識していなかった動物が、
なにか「ちがう」。

一体何が「ちがう」のか、なかなか言葉では表現しづらいけれど、
気配というか、息遣いというか……、そういうものが、昼とはまったく違うのだ。

「ナイトZOO、すごい! おもしろい!! 楽しい!!!!」
素直に、そう思った。

*  *  *

獏01

古く、幻獣の「獏」という生き物は、
「悪夢を食べてくれる」と言われてきた。

当時から目撃されることが少なかったため、珍しい野生のバクから「獏」の逸話ができたという説。
「獏」という幻獣がつくられてから、その容姿に似た動物が「バク」と名付けられたという説。
どちらがただしいのかは、わからないけれど。

…いずれにしろ、かつて夜の森でバクと出会った人は、こんな感じだったんだろうなぁ。


そんなことを考えていたら、
すこし後ろで、子どもが泣きはじめた。

お父さんに抱っこされてやってきたその子は、
どうやら、得体の知れない動物を目の当たりにして、怖かったらしい。

無理もない。
私も、なんだかゾクッとしたもん。
あんなに生き生きしたバク、はじめて見た。

そしてなぜか、はじめてなのに「再体験」した気がした。
(やっぱりバクって私のトーテムなんだなぁと、ひしひし…)


…泣いちゃったあの子、
もしかしたら、ちょっと眠かったのかな。
だとしたら、寝る前にバクに会えてよかったね。
泣き疲れて眠ったら、きっと好い夢が見られるよ。

わるい夢は、ぜんぶ獏が食べてくれる。

獏02


*  *  *

日が暮れた頃から降り出した小雨が、
いくらか気温を下げてくれたらしい

薄暗く街灯が点々とする公園の並木道は、
緑色にぼんやりと煙っていて

時折、
ミンミンゼミが寝ぼけたように鳴き出す

ほの暗い帰り道

じっとりと薄気味悪く
だけど、無性にワクワクする夜。



そろそろ
放飼時間が終わるという頃。

「キュゥィ!、」

バクが一声鳴いたと同時に、
ふっ と、放飼場の灯りが消えた。



あの瞬間の感動を噛み締めながら、
駅へ急いだ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。