スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

バク!バク!バク!

今年もやって参りました。



来たる4月27日は……



いよいよ……




『 世 界 バ ク の 日 』! (・U・)

¡El 27 de abril el tan esperado "el Día del Mundo Tapir"!





“World Tapir Day”
世界バクの日とは……

“「世界バクの日」は2008年にAnthony Long氏を中心に設立され、中南米と東南アジアに生息する4種類のバクについて多くの方に知っていただくために設立されました。
また、IUCN SSC(国際自然保護連合 種の保存委員会)のバク専門家集団ともお互いにサポートし合う関係にあります。”
(京都市動物園HP 飼育員ブログ4月23日の記事より引用 ※5/5に訂正)

Would Tapir Dayの本家ホームページはこちら↓(クリック)
“Would Tapir Day”
http://www.tapirday.org


過去のイベントマップには、日本平動物園と安佐動物公園にもピンが立っていますね^^
(なぜその2園だけがピックアップされてるのかが気になりますが…笑)



…ということで、
今年は日本の動物園でも、あちこちでイベントが予定されています💪✨
(月曜日は休園日のところが多いため、今年は土日に開催する園が多いです)
Este año, el evento se llevará a cabo en muchos zoológico de Japón.

「日本でも、たくさんの人にバクという動物を知ってもらい、盛り上げていこう!」と、まず飼育員さんたちが盛り上がっているご様子…(´ω`)

私もちょっとだけお手伝いをさせていただいているのですが、みなさん本当に楽しそうで、バクという面白い動物がいかに愛されてるかがわかります☺️💕



さて、今年予定されているWTDイベントは、以下の通りです。
※順不同
※情報が入り次第、随時更新



広島市安佐動物公園
Hiroshima City Asa Zoological Park
http://www.asazoo.jp/event/eventlist/2867.php

千葉市動物公園
Chiba Zoological Park
https://www.city.chiba.jp/zoo/event/world_tapir_day.html

上野動物園
Ueno zoo
https://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ueno&link_num=22841

静岡市立日本平動物園
Shizuoka City Nihondaira Zoo
http://www.nhdzoo.jp/event/naka.php?id=90&y=2015&m=04&p=1

京都市動物園
Kyoto City Zoo
http://www5.city.kyoto.jp/zoo/enjoy/breeder-blog/diary/20150423-14747.html

鹿児島市平川動物公園
Kagoshima City Hirakawa Zoologiacal Park
http://hirakawazoo.jp/event/8831

福岡市動物園
Fukuoka City Zoological Garden
http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/sp/events/detail/262

狭山市立智光山公園こども動物園
Chikouzan Zoologiacal Park
http://www.parks.or.jp/chikozan/zoo/event/index.html



さらに、
愛媛県立とべ動物園、岡山県 池田動物園でも、イベントを開催するそうです。
(園内とFacebookでの告知のみなので、公式ホームページには掲載されていません)

愛媛県立とべ動物園
Tobe Zoological Park of Ehime Pref
27日 11:30〜
バクガイドを開催します。
http://www.tobezoo.com

岡山県 池田動物園
Ikeda Zoo
26日 11:30〜
アメリカバク舎前にて、
15分ほどのガイドの後、無料の餌やり体験とふれあいタイムがあります。
http://www.urban.ne.jp/home/


さぁ、
年に一度のバク祭り!

ぜひお近くの動物園へ、バクに会いに行ってみませんか?

¡¡¡¡ Qué tengas un excelente WTD !!!!





(写真はエクアドルのエデン動物園で撮影したものです。
La foto en Edén Zoológico de Ecuador.)
 
スポンサーサイト

誕生日ありがとうございました!

お蔭様で、26歳の誕生日を迎えることができました。
たくさんのメッセージ、ありがとうございました。
Gracias para todos, tuve la oportunidad de saludar a los 26 años de edad cumpleaños.
Me alegro mucho, pude recibir muchas mensajes.


いやー色々あったな、25歳。
(まさか自分にスペイン語で日記を書く日が来ようとは…)
Bueno, Eso año que 25 años de edad, había muchas cosas tal y cual...

IMG_8231_s.jpg


しかし何と言っても、エクアドルを一人旅できたのが一番の思い出です。
En verdad los mejores recuerdos que fui a viajar solo en Ecuador.

あの3ヶ月はあっという間すぎて、夢みたいな時間だった…。
El hecho de que tres meses es demasiado parpadeo, era como un tiempo de un sueño....

そしてこれから、その経験がさらに大きな意味をもってくるのではないかと思います。
y de ahora en, creo que le ser la experiencia con el significado más.

IMG_8563_s.jpg


さて、一部の方々には既にお話していますが、
私は今、エクアドル(もしくは他南米国の)大学に行きたいと考えています。
A ver, Estoy pensando que ir a la universidad de Ecuador (o los otros países en Sudamerica).

そして、そこでスペイン語をもっと勉強して、日本と南米の動物園を繋げることが今の私の夢です。
Y, estudiar español más en alli, quiero conectar el zoológico de Japón y Sudamerica, finalmente. es mi nuevo sueño.

動物園の方々とお話していると、やはり日常会話で使わないような専門用語に触れることが多く、そんな動物関係の翻訳・通訳に特化したい、と思ったのがその理由。
Hay muchas las terminología tambien en trabajar con los animales.
Cuando hablar con las gentes quien trabajan zoológico, yo era tocado esos.
Por eso, creo que deseo especializarse para la traducción y la interpretación de las palabras relacionadas con los animales.


学部はまだ決めていませんが(環境教育? 社会学?)、
奨学金を使うなどして、なるべく早くあちらへ行こうと思っています。
Todavía no se ha decidido la facultad (la educación ambiental? sociología? qué más hay otro...?),
pero, por ejemplo, utilizar la beca, voy a ir a allí tan pronto como sea posible.


海外の大学事情に詳しい方や、一部関係者の方からは、
「需要あると思うよ! ぜひ行って! なって!」とあたたかくも無責任な(笑)お言葉をたくさんかけていただき、
「やるぞーやったるぞー」と密かな熱意を燃やしている今の私です(いや、背中を押していただけて、本当に感謝しております)。

IMG_8755_s.jpg


私の夢は、結構コロっと変わります。
変わるけど、変わるたびに人に話すようにしてます。
「一貫性がない」と言われればそれまでですが、自分の中では、私の向いている方向に変わりはありません。
Mi sueño es fácil de cambiar.
Y yo estaba tratado hablar siempre, cuando cambiar eso.
Posiblemente le parecía no tengo la coherencia de mi.
Pero no hay cambio en la dirección de que mi corazón.


進みたいと思う方向に道があることもあれば、ないことだってある。
最短の迂回ルートを探すのがスタンダードな方法のかもしれませんが、
藪の中へでも分け入っていくのが私の「歩き方」なのだと思います。

そうそう、私の大好きなバクは、「森の庭師」とも呼ばれる動物で、
様々な果実をたくさん食べ、歩き回り、糞とともに種を運ぶことで、森を保つ役割を担っています(「種子散布者」とも言います)。
私は漠々と、そんな存在でありたいなぁと思っているのです。
(家ではいつも食後のバクのようにぐうたらしてばかりの私ですが…笑)
Así es, el tapir ─ me encanta ─ se un animal que se conoce como "jardineros del bosque".
Se alimentan variedad de frutas, y dar una vuelta en bosques, es posible llevar a las semillas junto con las heces. por eso juega un papel en el mantenimiento de los bosques(se llama "los animales dispersores de semillas").
Espero que ser esa presencia.
(yo ser siempre como un tapir después de comidas cuando estoy mi habitacion. jaja)


IMG_8939_s.jpg


まだ26歳。
これからも自分の可能性とニッチ(生態的地位)を探っていきたいと思います。
Todavía yo tengo 26 años de edad.
y ahora también quiero explorar mi propias posibilidades y nichos.
Gracias.


_1220109_s.jpg

滞在型の放浪

FacebookとTwitterの更新ばかりで
こちらのブログはずいぶんと放置してました^^;

私は現在、ボランティア滞在型の放浪をしています。
訪れた動物園も3園を数え、次が4園目。

3園目のEco Zoológico San Martinでは、
ボランティアの身でありながら、住み込み・3食食事付きという、
たいへん有り難い待遇をしていただいて、気づけば3週間分の生活費がほとんどかかりませんでした。
(海外のボランティアは特に、自分にかかる(かけてもらう)コストについては手弁当、というのが一般的らしい)

「智子は本当によく働いてくれる」と
希少種の解剖に立ち会わせていただいたり、
Gallinazo rayの展示場にペイントさせていただいたり、
車で3時間かけて、ほかの動物園(分園)へ連れて行っていただいたり…
思い返せば、貴重な経験ばかり。
(後々「ray」ってところに縁を感じたりとか)

IMG_8426_s.jpg

IMG_8624_s.jpeg

* * *

この目で見た情景は
色鮮やかに 焼き付いた様


朝、
山の雨が降る 静かな園内を
インコオウム類の給餌に回っていると、
園内ほぼ放し飼いになっているブラジルバクが
動物型のゴミ箱の隣で、置物のようにおすわりしてたり
(思わず噴き出した)


エクアドルに50羽しかいないという
野生のコンドルが悠々と飛ぶ空も、
大地を振るわす火山の噴火音も、
谷間にどうどうと流れる川も、
レインコートで打たれる雨も、
山並みにかかる虹も、
そよいでくる風も、

すべてが心地よくて
満ち足りた時間でした。

IMG_8389_s.jpeg

IMG_8456_s.jpg

_1210065_s.jpeg

IMG_8469_s.jpg

* * *

それから、

同じ匂いのする 別種と出逢いました

_1220143_s.jpeg

_1220348_s.jpeg


その若く優秀な獣医は、
身長ちっこいくせに態度はでかくて、
同い年にして 大きな大きな夢を抱いていたから

「日本のバクのために」
「南米の猛禽類のために」
その言葉が、私たちを繋いだ


彼なら きっと、やり遂げる
私は 果たして、何ができるだろう?

日本で再会できる日がくると
私の心は告げているんだ

その日までに 私は、

* * *

もしかしたら
と感じたことは
どうやら本当に叶うらしい

私の直感は
このところ なぜか冴え渡っていて
自分でもすごいと思ってしまうくらい

イメージしたことは
すべて実現していることに気づく

それはつまり

望んだことを、覚えているから
望んでいる自分が まだいたから


PONTSUKAで私のメールが読まれました
友達に教えてもらわなかったら、きっと聞き逃していただろうけど

見てもらえるってことは
大きな力になって
まだ飛べると
信じられる


だから

帰らなきゃ。



もしも私に

帰れる場所が

あるのなら


私を乗せる飛行機が
どうか無事に 日本まで着きますように
 

次回予告

─── リアルタイム更新 ───
ただいま、7月13日(日)23時45分。

スペイン語学校も3週目が終わり、残すところあと1週間。
つまり、今のステイ先にいられるのもあと1週間。
それなのにまだ次の行き先を決めていない…!!

今のところ、エクアドル国内の動物園を回ろうかなと考えています。
1園につき数日から1週間くらいかけて、ゆっくりと…。
そのなかで、日本のバクのためにできることを探していきます。

野生のバクに逢いたいという個人的な希望は変わりませんが、
まぁなにはともあれ、散歩散歩(・v・)
(ホームページを見ると、こちらの動物園は現地での保全活動にも力を入れているようなので、
何か情報もらえるかもしれないしね!)

Mi clases terminé tercera semana.
De esta semana es ultimo.
Pero, ¡yo me no decido proxima el destino todavía...!

por ahora, me voy ir a Zoológico en Ecuador.
Me voy a quedar de pocos días a una semana para cada el zoológico.
y, yo me buscando que hacer algo por tapir en Japón.

Mi personal esperanza es no cambio que quiero ver el tapir salvaje.
Pero primero, yo andando a zoológico :)
──────────────

さてさて、Facebookへの写真アップするばっかりで、
ブログが全然更新できてませんが。
その後も、色々ありました。


日本の日曜夕方にやってる国民的アニメでいうなら、

・テレフェリコへ行く の巻
・コトパクシ山に登る の巻
・いざアマゾンへ!(前編) の巻
・Selvaよさらば!(後編) の巻
・滞在3週間目にして…… の巻
・「友達の友達」はミラクル の巻
・トイレとベッドで過ごす一日 の巻

の7本立てくらいだと思います。
(…最後の1本はいらないか)


アマゾン(ジャングル)以前の出来事は、
すでにFacebookに写真をたくさんアップしてるので、
もし見たい方がいましたら、そちらをどうぞ(´`)ノ ←投げた

『滞在3日目にして…… の巻』からは、
こちらで書こうかなと思います。


…また今度ね!
 

¡Chévere! な日常

ネット環境が不安定かつ、回線速度もとても遅いため、
なかなか更新が追いつきません(´`)

その間に書きたいことが増えていくので、どんどん時差が開いているのですが、
まぁこのブログ自体が個人的な手記なのでご勘弁を〜

写真のアップロードも回線状態がいいときに限られるので、
あとから過去記事にも付け足していくこともあるかもしれません。


─── リアルタイム更新 ───
リアルタイムは、ただいま7月6日(日)20時半。
ジャングル奥地で1週間の滞在を終えて、ステイ先に戻り、夕飯を食べ終わったところです。

色々あったけど、今週本当に充実した時間だった!
もー、ジャングルに住みたい!
というのは半分冗談で…笑
もっとスペイン語の勉強をしてから、また行きたいなと思いました。

¡Esta semana es fabuloso el tiempo!
¡Quiero vivir en la selva!
… Este es el mitad chistes ;)
Yo quiero voy a la selva nuevamente, después más estudiar el español.
──────────────


到着までの話はだいぶ旬が過ぎてしまったので、流していきます。


▽マイアミ→キト(エクアドル)
19時50分。予定時刻通りの出発です。

もしかすると、最後の乗客だったのかも…。
当たり前といえば当たり前ですが、息が上がったまま機内に入ったのは私だけでした。

往路最後のフライトで印象に残っているのは、機内食が美味しかったことと、CAさんが素敵だったこと。
機内食がJALより美味しかった気がします。(無事乗り込めた安心感でそう思ったのかも?)

CAさんは、スペイン語も話してたので、おそらくラテンアメリカの方なのですが、
JALみたいに低姿勢すぎず、シカゴ→マイアミ便みたいにぶっきらぼうでもなく、
気さくで優しくて洒落っ気があって、なんだかとてもカッコよかった。
たったそれだけのことでも、とても幸せな気持ちになれました。

そしていよいよキト空港が近づき、
機体が高度を下げ始めると……客席から悲鳴が。笑

空港のすぐ近くまで来てから高度を下げてるのか、
斜め下に頭を向けて降りていくのではなく、水平のまま機体をちょっとずつ「落として」いってる感じなのです。
つまり……降下の仕方が雑!!

絶叫マシーンのような「内蔵が浮くような感覚」が何回も起きて、
内心「ヒヨドリじゃないんだから!w」とツッコミを入れてしまいました。(わかる人にはわかる動物ネタ)


▽キト→ステイ先へ
23時30分、キト空港へ到着。
荷物のピックアップに向かったものの、待てど暮らせど荷物が来ない…。

仕方がないので、
係の人にチケットと『指差しスペイン語』の本を見せながら
「この乗り継ぎをしてきたんだけど、荷物が来ない」と確認してもらうと
「あなたの荷物はマイアミにあります」とのこと。

まぁマイアミ空港を疾走している時に、
薄々こうなるんじゃないかとは思っていたんだけどね…(・ω・`)
だって私自身の乗り継ぎ時間が10分だもの…。

記念すべき
初☆ロストバッゲージ
ってことで、まぁ何事も経験ですよね。

もっと早くに手を打てばよかったものの、
ほとんど語彙のないスペイン語で手続きするのに手間取り、
結局空港を出たのは午前1時30分でした…。

迎えにきて、ずっと待っててくれたステイ先のパパには頭が上がりません。
(この時間にここでぼっちになったらどうしようかと、それだけが不安だった)

そこからパパの車で30分……
午前2時、ようやくステイ先に着きました。

長かった……


▽その後…
翌日(金曜日)には、学校の仲間にW杯エクアドル戦を応援しにいこうと誘われて、
お祭り騒ぎの街に繰り出したり(到着から14時間しか経ってないよ!)、

土曜日には、キト旧市街のセントロヒストリコ、
日曜日には、地球のおへそ、緯度経度ともに0度の場所へ、
ステイファミリーに連れて行ってもらったり、

しょっぱなから色々ありすぎました(笑)。


既にブログ記事の更新とリアルタイムの出来事とに
一週間以上の開きができてしまっていますが、
まぁのんびりと綴っていきたいと思います。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。